調査会社を利用して住所を調べるときのポイント

調査会社を利用して住所を調べるときのポイントについて

調査会社の調査項目には行方調査というものがありますが、これに関連して質問が多いのが住所割り出しは可能かどうかということです。現在の居所を特定したい、法的な手続きを取りたいので現住所が知りたいといった方に利用されています。たとえば離婚した夫が養育費や慰謝料の振り込みをしないまま引越しをしてしまったので住居を調べて内容証明を送付したい、結婚詐欺かもしれないので恋人の住所を確認したいといった方に利用されています。

 

インターネットで検索をしてみると携帯電話番号などから契約者の住所を割り出すことができるといった広告を出している業者がいますが、このような調査会社を簡単に信頼してしまうのは厳禁です。データだけを扱う調査方法は個人情報保護法などの法律に違反する可能性が高いため、もし探偵事務所や興信所を利用するときには、あなたがなぜ相手の居住地を特定したいのかを伝え的確な調査を行ってもらうことが必要です。

 

信頼のできる調査会社は違法なデータ収集ではなく、聞き取りや面談、尾行や張り込みなどの独自のスキルを用いて情報を集めます。最終的にどうしたいのか目的に合わせて調べてもらうことができるのがポイントで、たとえば借金を返さない、お金を払わない相手を調べる場合ですと、返済してもらう、払ってもらうということが目的になるはずですよね。このようなことをふまえどうすれば抱えている問題そのものを解決できるのか、一緒に考えてくれるような調査会社を選ぶことが成功の秘訣になっています。

 

⇒調査会社の無料相談・見積もり依頼窓口一覧