調査会社を利用して口座情報を調べるときのポイント

調査会社を利用して口座情報を調べるときのポイントについて

特定の人の銀行口座はどうすれば調べられるのでしょうか。調査会社の中には口座調査というものに対応している場合があり、都市銀行、地方銀行、郵便局(ゆうちょ銀行)、信用金庫、JAなどの通帳番号を知りたい、名義人を確認したい、預金額などを知りたい、電話番号などから取引口座を特定したいといった相談が寄せられています。

 

上記のようなデータを収集する調査は少し難しくなっています。そのため単純にデータ収集するだけの調査には対応していない調査会社も多くなっています。ではどうすればいいのかといいますと、なぜ口座についての情報を知りたいのかはっきりさせることがポイントになります。

 

養育費や慰謝料、損害賠償の分割払い金、借金の返済などお金を払ってくれないので差し押さえをしたいという方ですと、単純に口座を特定するだけでなくその人の現住所や勤務先、生活状況なども含めて調べることが必要です。探偵が聞き込みや聞き取り、尾行、張り込みなどを行い足を使って調べることは違法になりませんから、調停や裁判をしたいという方も安心して調査を利用することができますよ。

 

口座を調べたい、契約者を知りたい、隠された資産や財産が無いか確認したいというときはなぜ知りたいのか理由や目的を調査会社に伝えてください。信頼のできる探偵であれば的確な調査方法を提示してくれるはずですよ。費用は事前に見積もりを取ることが可能です。場合によっては成功報酬や後払い、分割払いを選ぶことができます。調べられるかどうかは一度問い合わせをしてみてくださいね。

 

⇒評判の良い調査会社問い合わせ先一覧