調査会社を利用して携帯から個人を特定するときの注意点

調査会社を利用して携帯から個人を特定するときの注意点

携帯番号から相手の本名や住所、勤め先を調べて欲しい、スマートフォンアプリでやり取りしている相手を特定してほしいといった相談が調査会社に寄せられることはとても多いです。この他携帯電話に関連した相談ですと、有料サイトの利用料金が未納だから支払うようにといったメールが届き、住所を特定されているかもしれないという問い合わせも多くなっています。

 

基本的に携帯の番号やメールアドレスだけで個人情報を特定することはまずできません。au(エーユー)やdocomo(ドコモ)、softbank(ソフトバンク)などのキャリアから直接個人情報を買うことは違法になり、実際に情報を漏らした従業員が逮捕されたケースはたくさんあります。

 

正当な理由がある場合については弁護士などを頼ることで、弁護士会照会制度を使って調べてもらうことができる場合があります。ただし基本的には訴訟のために利用されることが一般的なため、単純に相手のことが知りたいというだけでは相談に乗ってもらうことはできません。

 

もちろん調査会社でもデータだけを使って調べることはまずできません。しかし探偵は足を使っていろいろな方向から情報を収集できる利点があります。どうしても携帯から個人を特定したいという場合ですと、正当な理由だと判断されればあなたとその人物の関係性から情報を集めてもらうことができます。現在何かのトラブルを抱えており、どうしても携帯だけしかわからないという場合は一度アドバイスを受けてみることをオススメします。お金さえ払えば何でも調べられるという業者には注意してくださいね。

 

⇒調査会社の無料相談・見積もり依頼窓口一覧