事故に巻き込まれたときの調査会社の活用

事故に巻き込まれたときの調査会社の活用について

交通事故にあったときに任意保険に加入していれば、その自動車保険会社がいろいろな調査を行ってくれます。自分が加害者の場合はご自身が加入している保険会社を頼ることが一般的ですが、事故の被害者なってしまったケースの中には相手から掲示された補償内容が納得できるものではなかったということが時々あります。このような場合ですと民間の調査会社を利用して独自に調べ直す方がとても多くなっています。

 

事故の相手が言い分をころころ変えてしまって話がまとまらない、事実とは違う証言をされてしまい困る、誰も見ている人がいないので証拠が無い、誰も話を信じてくれない、相手の方が社会的な立場や地位が上なので不利になっている、手をかけてカスタマイズしていた改造車の価値が認められなかった、事故により別の損害が出てしまったのに補償してもらえないなどの相談がとても多くなっています。このような場合ですと少しでも公平に状況を判断してくれる調査会社を頼り、現場検証や聞き取りなどを行うことが必要です。

 

入手した情報は資料にまとめてもらうことができ、相手が誠実に応じないときは収集した情報を証拠にして法的手続きを取ることも可能です。調査会社によっては信頼できる司法書士や弁護士を紹介してもらうことができます。また相手から不当な事故の損害賠償や慰謝料の請求をされているというときにも調査会社を頼ることができます。特に過失割合に納得ができないという方からの問い合わせが多くなっていますよ。

 

⇒調査会社の無料相談・見積もり依頼窓口一覧